ディズニー番組

東京ディズニーリゾートで健康になる!

2016/08/10

「別冊 主治医が見つかる診療所 健康スイッチ」という番組が自動録画されていました。


スポンサードリンク

なんでこんな番組が?と思ったのですが、この番組の中の「健康さんぽ」というコーナーが東京ディズニーリゾート特集だったようなんです。

医師とタレントの組み合わせで2チームにわかれ、それぞれのテーマで健康になれるポイントを紹介していくという内容でした。

チーム構成とテーマはこんな感じ。

南雲吉則医師×内山信二さん 「東京ディズニーシーで健康的にダイエット」
中山久德医師×山村紅葉さん 「大人でも楽しみながら健康になる」

DSC00122.jpg

この番組、私は初めて見ましたが、どうやら再放送のようで、夏イベントを扱う部分もありました。

また、よくあるパーク紹介の番組とは違い、健康にテーマをおいているので、なんというか、落ち着いた番組進行。

年齢的には若者ターゲットの番組というわけではなさそうでしたが、これからディズニーリゾートに行かれる方にとって、もしかしたら参考になる情報もあるかと思いますので、内容を紹介してみますね。

かくいう私も、やっぱりダイエットには興味ありです…(;ノωノ)笑

番組に出てきた順で書いていきます。

色分けは青が「東京ディズニーシーで健康的にダイエット」、ピンクが「大人でも楽しみながら健康になる」としておきますね。

【雅涼群舞】
・ショーを見るときは積極的に水を浴びるとよい。体が冷えることで、体温を上げようとして脂肪が燃焼する。

【ミッキーの家とミートミッキー】
・ディズニーの仲間たちと積極的にふれあうとよい。笑ったり喜びを感じることで、脳内ホルモンのセロトニンが多く出て、
精神の安定や安らぎをもたらす。
・ふれあうことで脳内ホルモンのオキシトシンが出て、ストレスが解消し、免疫力アップにつながる。

【トムソーヤ島】
・不安定な場所を歩くとバランスをとろうとしてインナーマッスルが鍛えられる。
・階段を上がるときは太ももを高く上げることを意識すると、足の筋肉が鍛えられる。
・階段を下るときは、少し膝を曲げると膝への衝撃が軽減する。
・上り下りがある場所では積極的に体を動かすとよい。

【ハピネス・イズ・ヒア】
・床に座る場合はあぐらが比較的関節にはよい。
・女性の場合は正座イスを使うと、膝への負担が減らせる。
・パレードでは恥ずかしがらずに大声を出すことで、インナーマッスルの横隔膜が鍛えられる。
・好きなキャラクターが目の前にきたときだけ大声を出しても効果あり。

【ビーバーブラザーズのカヌー探検】
・参加型のアトラクションでは積極的に体を動かすとよい。
・カヌーを漕ぐ運動は有酸素運動。正しい姿勢で漕ぐことで、インナーマッスルが鍛えられる。


スポンサードリンク

【クリスタルパレス・レストラン】
・ブッフェでは、海の幸と山の幸を2つの皿に分けて盛りつけると、栄養素のバランスがよくなりやすい。

【カストーディアルさん】
・他人を幸せにしようとすることで、脳内ホルモンのオキシトシンが出て、ストレス解消や脳の活性化につながる。

【アクアトピア】
・水に濡れて体が冷えることで、体が体温を上げようとして脂肪が燃焼する。

【ノーチラスギャレー】
・体を動かした後はビタミンB群をとると良い。
・スモークターキーレッグは、高タンパクで低脂肪。疲労回復に良いというビタミンB群を多く含む。

【レストラン櫻】
・豚肉に含まれるビタミンB1が糖質をエネルギーに変えるので、疲労回復に効果がある。
・魚介類に豊富に含まれるビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にする。

【フォートレス・エクスプロレーション】
・階段を上るときは、大きく呼吸をすることで、効果的な有酸素運動ができる。

【エンポーリオ】
・暑さ対策では、水で冷やしたタオルを太い血管のある首筋に巻くと体温が上がりにくい。
・ミストファンで体にミストをかけると、水が蒸発するときの気化熱で体温が下がる。
・のどが渇く前にこまめな水分補給を心がける。

【パパダキスフレッシュフルーツ】
・「ヴェリーヌデザートドリンク ルロ&レモンゼリー」に入ってるルロに含まれるイノシトールは、余計な脂肪が完走に蓄積しないようにコントロールする働きがある。

【ワールプール】
・背筋を伸ばしているとインナーマッスルが内臓脂肪を燃やす。
・アトラクションを楽しむときは、正しい姿勢を保つことがよい。
・遠心力に対して姿勢を保とうとすることで、インナーマッスルが鍛えられる。

ばーっと書いてしまいました。

水に濡れるなんて今更無理かもしれませんが、何か参考になる部分はあったでしょうか?

いつも行列ができているスモークターキーレッグ、お肉のかたまりですけど、意外とダイエット向きなのかも。

ビーバーブラザーズのカヌー探検、昨年久しぶりに行きましたが、確かに真面目に漕ぐと大変ですもんねー。

また、パークに行ってたくさん笑って幸せを感じることも、体に良い効果をもたらすんですね。

…って、結局は「パークでは思いっきり体を動かして、笑って、楽しめ!」ということかな(^^;)

それならいつものこと。毎回限界まで楽しんできますよ、私は笑

子供からご年配の方まで誰もが楽しめる場所ですから、パークに行ったら思いっきり楽しんで、ついでに健康パワーもお持ち帰りしましょう♪


スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-ディズニー番組

人気ブログランキング

少しでも参考になりましたら、拍手の代わりにミッキー画像↓のクリックをお願いします。
ランキングにポイントが入ります(*'ω'*)


ディズニーリゾート ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます♪