[TDL]レギュラー

エレクトリカルパレード・ドリームライツ 2015年7月9日リニューアル!

2016/04/12

「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のリニューアルバージョンが、2015年7月9日からスタートすることが昨日発表されました。


スポンサードリンク

ラプンツェルのフロートが追加されることで話題の今回のリニューアル。

今回は、その内容について記事にしてみます。

エレクトリカルパレード_ピーターパン

1985年から1995年にかけて行われていた初代のエレクトリカルパレードを大幅にリニューアルし、2001年に始まったエレクトリカルパレードドリームライツ。

そのリニューアル回数は、2007年3月17日、2011年7月8日に続き、今回で3回目。

これまでにも、フロートの追加や廃止を行いながら、光のパレードは現在の姿へと形を変えてきました。

今回のリニューアルでは、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」に登場するラプンツェルやフリン・ライダーが乗るフロートが新たに追加されます。

オリエンタルランドの広報リリースによれば、このフロートは、映画の中で印象深いランタンが空を飛ぶシーンや、黄金に輝くラプンツェルの髪、花などがデザインされているそうです。

今やパークでも大人気のラプンツェルの登場ですから、自ずと期待も膨らみます。

ワンス・アポン・ア・タイムにも使用されているあのランタンのシーンがどのように表現されるのか、気になるところです。

エレクトリカルパレードに使用されている電飾は約100万個。


スポンサードリンク

今回のリニューアルで、ピーターパンの海賊船など7台のフロートもリニューアルし、電飾はすべてLEDを採用するそうです。

LEDの光の輝きはこれまでの電飾に比べるとかなり強いことが予想されますから、100万個の電飾に彩られたフロートも、さぞ輝きを増すのでしょうね。

個人的には、エレクトリカルパレードは少しレトロな光り方の方が雰囲気に合っているように思うのですが、省エネが根強く叫ばれる昨今ですし、技術も進歩しますし、これもこれで仕方のないことなのかもしれません。

ラプンツェルの髪の輝きも、強い光よりもあたたかい光の方が良さそうなんですけどね…(^^;)

レトロなエレクトリカルパレードについては、現在もアメリカのウォルト・ディズニーワールドで公演されていますから、そのうち記事にしようかな。

エレクトリカルパレード_ブルーフェアリー

それにしても、リニューアルされる2015年といえば、エレクトリカルパレード・ドリームライツが始まってから14年後。

ここでリニューアルされるということは、このドリームライツはまだまだ続くということですよね。

初代のエレクトリカルパレードの公演期間が10年、その次のディズニーファンティリュージョン!が約6年。

それを思うと、エレクトリカルパレード・ドリームライツは長いですね-。

ラプンツェルのフロートは楽しみにしているものの、そろそろ新パレードになるかなと考えたりもした私はちょっと複雑な気持ちだったりも…

うーん、今回のリニューアルが、その複雑さも吹き飛ばすほどのフロートを投入してくれることを期待します(>ω<)


スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-[TDL]レギュラー

人気ブログランキング

少しでも参考になりましたら、拍手の代わりにミッキー画像↓のクリックをお願いします。
ランキングにポイントが入ります(*'ω'*)


ディズニーリゾート ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます♪