オリエンタルランドの株主優待と保有に必要な予算!株主になるといいことあるの?

株式会社オリエンタルランドといえば、東京ディズニーリゾートを運営する会社として知られていますよね。
昨今、その会社の株を保有していることで、商品がもらえたり、金券がもらえる「株主優待」が話題ですが、このオリエンタルランドにも、もちろん株主優待制度が存在しますよ!

スポンサーリンク

オリエンタルランドの株主優待とは?

東京ディズニーリゾートパークチケット配布

TDR パークチケット

オリエンタルランドの株主優待でもらえるのは、おそらくみなさんの期待通り、東京ディズニーリゾートのパークチケット「株主用パスポート」です。
東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシー、どちらかのパークで利用できる1デーパスポートがもらえます。

配布枚数

配布枚数は以下の通りで、9月末の配布は400株以上保有の株主のみです。

所有株式数 9月末 3月末 合計
100株以上 1枚 1枚
400株以上 1枚 1枚 2枚
800株以上 2枚 2枚 4枚
1,200株以上 3枚 3枚 6枚
1,600株以上 4枚 4枚 8枚
2,000株以上 5枚 5枚 10枚
2,400株以上 6枚 6枚 12枚

券種

この株主用パスポートの有効期限は1年間。
入園制限中や特別営業時間(年越し営業など)では使用できない、いわゆるオープン券です。

長期保有株主向け追加チケット配布

上記の株主優待パスポートに追加して、東京ディズニーリゾートの5周年毎のアニバーサリーイヤーには、さらに株主用パスポートがもらえます。
次にやってくる「東京ディズニーリゾート40周年」の配布基準は以下の通りです。

東京ディズニーリゾート 40周年 配布基準

配布対象

2018年9月30日から2023年9月30日までの全ての基準日(9月30日および3月31日)において、同一株主番号で当社株式を100株以上保有している株主

配布枚数

所有株式数にかかわらず一律 4枚

配布時期

2023年12月(予定)

優待を受けられる条件は?

東京ディズニーランド シンデレラ城

株主優待を受け取るには、一定の条件があります。
まず、冒頭に書いている通り、株主優待を受けられる最低保有株数は100株です。
100株では、1年間に1枚、3月末にしか受け取ることはできないので、9月と3月の両方が欲しい場合は400株以上の保有が必要です。

また、株主用パスポートの配布枚数は、9月末日、3月末日の年2回の割当基準日に、株主名簿に記録の所有株式数で決定します。
権利付き最終日(基準日の3営業日前)までに株式を購入しておかないと、割当基準日に株主として登録されないので、早め早めの対応が必須です。

オリエンタルランドの株を保有するための予算は?

さて、オリエンタルランドの株主優待を受けるためには、最低100株は保有しなければならないことがわかりましたが、それは一体いくらなのでしょうか。
これはもちろん、株価の変動によります。

たとえば、オリエンタルランドの本日時点の株価はだいたい10,000円なので、100株保有するためには、100万円が必要です。
年に2回、株主用パスポートをもらうために400株保有したければ、400万円!

近頃株価が下がり続けていてこの金額なので、タイミングによってはもっとかかりますね。
ポンと出すにはなかなかの金額です…

S.S.コロンビア号 デッキ ディズニーシーの景色

ただし、オリエンタルランドに限らず、株を保有するということは、ひとつの投資。
お金が株に形を変えて、自分の財産として存在することに変わりありません。
必要なくなったら売ることもできますし、買った時よりも株価が上がっていれば、購入した以上の金額が戻ってきます。
もちろん、逆に下がるリスクもあるわけなので、そこをどう見るかという問題はありますが…

しかし、私たちのようなディズニーパークファンが株を保有するなら、こうした売買で利益を出すことを考えるよりも、保有していることで優待を受け続けるのが目的でいいのかなと思います。
株主になると、毎年話題になる、あの株主総会に出席することもできますよ~。

と言いつつ、私もずっと気にはしているものの、まだオリエンタルランドの株は保有していません。
株価は変動するので、なんだかいつ買えばいいかもわからないまま、ここまで来ました。
久しぶりに株価を見たことだし、また改めて、オリエンタルランドの株を買うことを検討しようかな~?

東京ディズニーリゾートに行きたくなったら、この記事をチェック!