妊娠中のディズニーリゾートの楽しみ方まとめ!注意点も徹底紹介!

2020年7月14日

子供が生まれたら行けなくなるからと、妊娠中でも東京ディズニーリゾートに行っておきたくなるもの。
今年、我が家にも子供が生まれたのですが、もちろん私も、妊娠中に東京ディズニーランド・シーの両パークを楽しみました。
今回は、私が実際に行ってわかった妊娠中のディズニーリゾートの楽しみ方と注意点を紹介します!

スポンサーリンク

アトラクションを楽しむ

タワーオブテラー

妊娠中でもパークのアトラクションを楽しむことができます。
とはいえ、すべてのアトラクションというわけにはいかず、もちろん、利用できないものも。

間違って乗って危険なことをしないよう、要チェックですよ。
主に、コースターなど、絶叫系と呼ばれるアトラクションは利用できません。

妊娠中に利用できないアトラクション

東京ディズニーランド

  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スプラッシュ・マウンテン
  • ガジェットのゴーコースター
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • スペース・マウンテン

東京ディズニーシー

  • ソアリン:ファンタスティック・フライト
  • タワー・オブ・テラー
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • レイジングスピリッツ
  • フランダーのフライングフィッシュコースター
  • センター・オブ・ジ・アース
  • ニモ&フレンズ・シーライダー

合流利用サービス

東京ディズニーリゾートでは、妊娠中など列に並ぶことが難しいゲストのために「合流利用サービス」が導入されています。

合流利用サービスとは、列に並ぶことができない場合、列以外の場所で待機することを許可するサービス。

対象施設のキャストにサービスを利用したい旨を申し出て、パークチケットを提示すると、本人(場合によっては介助者1名)が列以外の場所で待機することができるようになります。
本人以外は列に並び、乗り場で合流できるように案内してもらえます。

これは、待ち時間の短縮ができるものではありません。
以前はこれに似たようなサービスとして、グループ全員列に並ぶ必要がなくなる「ゲストアシスタンスカード」があったようなのですが、現在は廃止されています。

イッツアスモールワールド

ただ、このサービス、知ってはいたものの、私は実際には利用しませんでした。

まず、夫婦のみだったので、旦那一人で列に並ばせるのはちょっと気が引けてしまいました。
あとは、そもそもそんなに体調が心配な時期ならパークに行っていないですし、この時期にあまり長い列には並ぼうとも思いませんでした…

でも、そんなに気合を入れてあれこれ乗ろうとせず、待ち時間短めのゆったりとしたアトラクションだけでも十分楽しめましたよ。
アトラクションの乗り場には段差があるものも多いので、乗り降りの際には足元に気を付けて!

グリーティングを楽しむ

キャラクターとのグリーティングも、妊娠中ならより特別な思い出になります。
私は東京ディズニーシーの「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」で、ドナルドとグリーティングを楽しみました。

ドナルドに妊娠中であることを伝えると喜んでくれて、おなかをなでなで。
旦那にも「頑張って!」とエールを笑

グリーティングトレイル ドナルド

おなかに手を当てたポーズで写真を撮ってもらいました。
あの時しか撮れない写真で、素敵な思い出になりましたよ!

ショー/パレードを楽しむ

ドリーミング・アップ! 美女と野獣

ショーやパレードはもちろん楽しめます。

ただし、屋外で行われるものは暑い時期や寒い時期の待ち時間は結構大変。
また、長時間、地面に座り続けるのも大変。

同行している方に協力してもらいながら、無理のない範囲で楽しみましょう。

私は運よくショーの抽選に当たり、待ち時間なくショーを楽しんだりもしました。
ショーやパレードの鑑賞エリアに入るための抽選は忘れずに!

ショッピングを楽しむ

東京ディズニーリゾート スタイ

妊娠中にパークに行くなら、ぜひベビー用品をチェック!
パークにはかわいいベビー用品も充実していますよ。

主なベビー用品取扱店舗

東京ディズニーランド

  • ブレイブリトルテイラー・ショップ(ファンタジーランド)

東京ディズニーシー

  • キス・デ・ガール・ファッション(マーメイドラグーン)

ベビー服はもちろん、おもちゃや食器、母子手帳ケースもありました。
いくつかのベビー用品が1箱にセットになったものもありますよ。

私はたくさんあるスタイの中からプーさんを購入しました!
プーさんって、性別がどうなってもOKなので、万能ですよね笑

東京ディズニーリゾート マタニティ用品

少しですが、マタニティ用品もありましたよ!

食事を楽しむ

子供が生まれたら、しばらくはのんびり楽しめない食事も、ぜひ妊娠中に楽しんでおきたいですよね。

どこのレストランも空いてないなんてことがないように、混雑日は特に、プライオリティ・シーティングの事前受付がおすすめです。
小さな子供がいると行きにくくなる、ホテルのレストランで、ゆっくりコース料理を味わうのもいいですよね。

ミラコスタ ルームサービス 朝食

プライオリティ・シーティングが取れなかった場合、イクスピアリで食事をするのもあり。
我が家は秋の混雑日に当たってしまったのもあり、一時イクスピアリに退避して食事しました。

妊娠中のパークの食事で1つ困ったのは、カフェインレスのあたたかい飲み物がほぼないこと。
私も基本的にはカフェインを避けていましたが、寒い中で冷たいものもよくないので、パークではあたたかい紅茶を飲むことにしました。

サローネデッラミーコ カフェインレスコーヒー

ミラコスタのサローネ・デッラミーコでは、お願いしたらカフェインレスコーヒーを出してくれましたよ!

ホテルを楽しむ

ホテルを予約して泊まりがけでパークを楽しむのもとってもおすすめです。

1日パークで遊んで、そのあと混雑した電車に乗って帰るのは普通の人でもかなり大変。
ホテルがあれば、その点とても楽ですし、確実な休憩所も確保できます。

ミラコスタ・スイート ベッドルーム

私は妊娠中にパークを訪れた2回ともホテルに泊まり、お泊まりディズニーを楽しみました。
日中は途中でパークを出て、ホテルでお昼寝して体力回復ができましたし、夜もホテルで寝るだけなのがとても気楽でした。

妊娠中に私が宿泊したのは、ディズニーホテルの東京ディズニーシー・ホテルミラコスタと、オフィシャルホテルのシェラトングランデ・トーキョーベイです。

東京ディズニーリゾートのホテル予約はこちら。
我が家はHISや楽天などを使い分けて、その時のお得なプランで予約しています。

【JTB】東京ディズニーリゾート(R)への旅
【HIS】泊まりがけで思いっきり楽しもう!東京ディズニーリゾート(R)

【楽天】東京ディズニーリゾート(R) おすすめホテル
【じゃらん】東京ディズニーリゾート提携ホテル半額プラン

東京ディズニーランド ペデストリアンデッキ

妊娠中の東京ディズニーリゾートは、この時だけの思い出作りにもぴったりでした。
パークに行くとつい張り切ってしまいますが、無理せずマイペースにパークステイを楽しんでみてくださいね!