[海外]ディズニー・クルーズライン

ディズニークルーズ(DCL)の写真料金は?シャッターズ利用方法も徹底解説!

2018/05/23

他のディズニーパーク同様、ディズニー・クルーズライン(DCL)にもカメラマンが撮影した写真を購入できるシステムがあります。
DCLはかなり大きな旅行になるので、写真の購入を検討する方も多いですよね。
私も実際に写真を購入しましたが、DCLの写真購入のシステムは、WDWのフォトサービスを初めとした他のディズニーパークとは少し仕組みが異なっていたので、料金や購入方法を紹介しておきます。


スポンサードリンク

DCLのフォトサービスってどんなもの?

DCL Shutters

DCLでは、クルーズ中、キャラクターグリーティングはもちろん、ロビーの階段やレストラン、バハマクルーズであれば寄港地のキャスタウェイ・ケイなど、いろいろなところにカメラマンがいて、写真を撮影してくれます。
撮影した写真は、船内のデッキ4にある「シャッターズ(Shutters)」で確認できるので、ゲストは欲しい写真を欲しいだけ選んで購入することができます。
これだけ聞くと普通のフォトサービスとあまり変わりませんが、DCLの場合、このシャッターズに置かれているのが、なんとプリント写真なんです!
ゲストは自分のプリント写真をめくりながら、データとプリント写真を自由に購入することができます。

DCLのフォトサービスで写真を撮影してもらう方法

DCLルームキー

DCLの写真撮影に写真専用のカードはなく、すべてルームキーに登録されます。
キャラクターグリーティングをはじめ、カメラマンがいる場所で写真を撮ってもらう時は、ルームキーを渡せばOKです。
時にはルームキー不要で、部屋番号を伝える場合もあります。
突然カメラマンがやってきて、何も言わずに撮影される場合もありますが、ちゃんとシャッターズに写真があるからすごいですよね!

シャッターズでの写真確認方法

自分のフォルダを探そう!

DCL Shutters 棚

デッキ4にあるシャッターズには、棚の中にフォルダがずらり。
この中には、それぞれのゲストの写真が振り分けられて入っています。

DCL Shutters フォルダの場所表示

棚のサイドにルームキーをかざす場所がついているので、自分のルームキーをかざしてみましょう。
すると、その上のディスプレイに、ファイルの場所が表示されます。

DCL Shutters フォルダの場所
私たちのルームキーでは、「Minnie Red 21」と出ました。
ミニーマークがついている棚にある赤いファイルの21番が私たちのフォルダです。
中には撮影してもらったプリント写真がたくさん!
大きさは大小2種類です。
パイレーツやキャスタウェイ・ケイなど、それぞれのキャラクターやイベント、場所にあったフレームまでついているので、見ていてより楽しめますよ!

注意!開いている時間帯は限られている

DCL Shutters オープン時間

DCLのお土産を紹介した記事でも、ショップが開いている時間は限られていると書きましたが、この写真屋さんのシャッターズも開いている時間が限られています。
オープン時間はその日のパーソナルナビゲーターに記載されているので、確認してくださいね。
いつでも見れるから…と思っていると、意外と見たい時に見られない事態になりますよ。


スポンサードリンク

DCLの写真購入料金表

DCLのフォトサービスの写真は、データで購入することもできますが、シャッターズにあるプリント写真を購入することもできます。
両方全部というパッケージもあり、この場合、たくさん撮れば撮るほどお得です。
気になる料金表は以下の通りですが、これは私の4泊バハマクルーズでの料金表で、日数が多いと金額は変わると思いますので、ご注意ください。

DCL Shutters 料金表

  • All Inclusive Digital AND prints(すべてのデータとプリント写真):$304.95
  • All Inclusive Digital OR prints(すべてのデータまたはプリント写真):$229.95
  • 15 digital Files OR 15 prints(15枚のデータまたはプリント写真):$199.95
  • 10 digital Files OR 10 print(10枚のデータまたはプリント写真)s:$149.95

数枚だけ買うとかなり割高なので、思い切って全部買うのがおすすめです!
というか、買っちゃいました笑

DCLの写真購入方法

シャッターズで注文

写真はシャッターズで注文します。
「もう来れないかもしれないから」という決まり文句のもと、私たちはデータとプリント写真の全部入りパッケージを購入しました。

DCL Shutters アルバム

注文の際、一緒にフォトアルバムはどうかと言われましたが、そこまではいらないかなと購入しませんでした。
下船前夜のシャッターズはかなり混みあっていて、写真を見る場所もない状態でしたよ…

DCL Shutters 受け取り写真
私たちの場合、写真とデータの入ったUSBを下船の朝にロビーに取りに来るように言われ、下船の朝のバタバタの中、旦那に取りに行ってもらいましたが、2つに分かれて封筒に入っているほど結構な量。
それなりの荷物になることは覚悟の上でどうぞ。

DVCメンバ割引対象です!

DVCメンバーシップカード

DVCメンバのみなさん、この写真、DVC割引対象です!
私たちはすっかり忘れていて、受取の時に値引きしてもらいましたが、写真購入の際はDVCメンバカードの提示を忘れずに!

DCLの写真は何枚とってもらえたのか?

さて、全部の写真をパッケージで買ったとなると、聞きたいのは「で、何枚撮ってもらったの?」というところですよね。
たくさん撮ってもらわなけれお得にならないので、ここは気になるポイントだと思います。
私たちの場合、合計66枚でした!
1枚あたりに換算すると、DVC割引抜きでも$4.6でデータとプリント写真両方が手に入ったということですよね。
まぁ、それでも高いのですが、例えば10枚買っても、データかプリント写真のどちらかで1枚当たり$15程度しますから、全部買った方が完全にお得でした。
正直、最初の勢いではそんなに撮れないんじゃないかと思ったのですが、キャスタウェイ・ケイで一気に写真が増えますよ~。
ちなみに、いろいろ見ているともっと撮ってもらった方もたくさんいるので、66枚は少ない方なのかも。

こちらが先日、私のツイッター(@tarere27)のDCLレポートで載せた写真の一例です。
キャスタウェイ・ケイの海とディズニードリーム号が素晴らしくて、さらにオリジナルフレームも入っていて、最高の記念写真ばかり。
個人的には、買って損はないと思います。

ディズニー・クルーズライン(DCL)の写真は、キャラクターグリーティングだけではなく、ロビーの美しい階段や、船をバックにした写真など、かなりいろいろと撮影してもらえます。
それぞれがとってもきれいに写っていて、フレームもかわいいので、どんなお土産よりも素敵な思い出になりました。
もちろん、なかなかのお値段ですが、全部購入して今でも思い出に浸れるので、満足ですヾ(=^▽^=)ノ

DCLに行ってみたくなったら、この記事をチェック!
知れば簡単!ディズニー・クルーズライン(DCL)の予約方法まとめ


スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-[海外]ディズニー・クルーズライン

人気ブログランキング

少しでも参考になりましたら、拍手の代わりにミッキー画像↓のクリックをお願いします。
ランキングにポイントが入ります(*'ω'*)


ディズニーリゾート ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます♪