香港ディズニーランドの言語は何語?英語はどれくらい必要なのか?

香港ディズニーランドは当然ながら香港にありますが、国で言うと中国ですよね。
旅行するとなると、言葉の壁が気になりますが、香港は1997年までイギリスの植民地だったため、公用語は英語と広東語です。
果たして、香港ディズニーランドの中は、何語なのか、その言語事情を紹介しますね。

その他の香港ディズニーランド関連記事はこちら!

 

スポンサーリンク

香港ディズニーランドの言語事情

英語と広東語の並記

HKDL トイストーリーランド  レックス

香港ディズニーランドパーク内は、基本的に英語と広東語が並記されています。

看板やメニューなど、アルファベットと漢字が両方書いてあります。
英語でわからない言葉があっても、漢字あるので、なんとなく意味がわかったりします笑

キャストは英語が通じる

キャストさんたちのアナウンスは広東語が多いので、正直何を言っているかわかりません。
我が家は雰囲気で感じ取って、周りに従っていました。

とはいえ、英語で質問すれば、英語で返してくれます。
簡単な英語でOKなので、気になることは聞いてみれば、親切に教えてくれますよ。

ショーは英語と広東語

モアナ:ホーム・カミング・セレブレーション 香港ディズニーランド

香港ディズニーランドには、人気のショーがいくつもありますが、その言語は英語と広東語が混ざっています。
1つのショーなのに、キャラクターによって話す言語が違うなんて言うことも。

例えば、「モアナ:ホームカミング・セレブレーション」では、モアナは英語、その他は広東語です。
ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」では、ミッキーたちは広東語を話しますが、ステージ脇に、字幕で英語が出ています。

ただ、字幕を見てしまうとステージが目に入らないので、広東語のまま、雰囲気で楽しむのがおすすめです。

 

日本語ガイドマップあり

香港ディズニーランド 日本語ガイドマップ

香港ディズニーランドには、日本語のガイドマップがあります。

パーク内でももらえるので、初めての方はぜひGETしてくださいね。
ショーやパレードのタイムスケジュールは英語のみですが、簡単なショータイトルと時間だけなので大丈夫ですよ。

香港ディズニーランドは、やはり基本は広東語ですが、日本人向けにはみんな英語を話してくれます。
難しい英語は必要ないですが、簡単な英会話での質問や受け答えなどできるとよいですね。
単語を並べるだけでも、キャストさんは一生懸命聞きとってくれますよ~。

香港ディズニーランドに行きたくなったら、この記事をチェック!