[海外]ウォルト・ディズニー・ワールド

WDWポリネシアン・ビレッジ・リゾートの予約から設備まで!南国ムードを味わってきた!

2018/05/27

ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)にあるディズニー直営ホテル「ポリネシアン・ビレッジ・リゾート」に行ってきました。
このホテルは、我が家のディズニー・バケーションクラブ(DVC)のホームリゾート。
南国ムード漂う素敵なホテルでしたよ~!


スポンサードリンク

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートってどんなホテル?

南国ムードのディズニー直営ホテル!

WDW ポリネシアンビレッジリゾート

ディズニー・ポリネシアン・ビレッジ・リゾート(Disney's Polynesian Village Resort)は、WDW周辺のディズニー直営ホテルの1つです。
ハワイに住んでいるリロやスティッチがよく似合う、南国ムード漂うホテルです。
以前紹介したグランドフロリディアン・リゾートと同じく、WDWパークの1つ、マジックキングダムに近く、ホテルにはモノレールが停車するので、マジックキングダムまでモノレールでアクセスすることができます。
ディズニー直営のため、エキストラマジックアワーやファストパス・プラス(FP+)の早期予約、マジックバンドが無料でGETできるなど、豪華な宿泊者特典を利用することができます。
ディズニー直営ホテルの宿泊者特典の記事を参考にどうぞ。

水上コテージにも宿泊できる!

WDW ポリネシアンビレッジリゾート 水上コテージ

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートには、もちろん通常のホテルタイプの部屋もありますが、なんといっても特徴的なのは水上コテージがあること。
マジックキングダムを臨む水上コテージで過ごすなんて、とっても贅沢ですよね!
ただし、こちらのお部屋はホテルタイプよりだいぶお値段も高くなりそうなので要注意です笑

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートの予約方法は?

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートは、JTBやHISなどのパッケージツアーでも扱っていますし、ネット予約で個人手配することも可能です。
詳しくは、パッケージツアーと個人手配の違いを説明した記事を参考にしてただければと思いますが、安心なのはパッケージツアー、安いのは個人手配です。
私と同じく、ディズニー・バケーションクラブ(DVC)メンバであれば、もちろんDVC経由で予約することも可能です。

私もここに泊まりたかったのですが、すでに満室だったので諦め…
それだけ人気があるということでしょうか?
結果、我が家はエクスペディアで予約したアニマルキングダムロッジと、グランドフロリディアンリゾートの組み合わせになりました。
ディズニー直営ホテルを安く予約する方法の記事も書いているので、ぜひそちらを参考に。

パッケージツアー

【JTB】ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートツアー
【HIS】ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートツアー

個人手配

WDW周辺ホテル

【楽天トラベル】オーランド周辺ホテル
【エクスペディア】WDW周辺ホテル

航空券

【楽天トラベル】アメリカ旅行

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートへのアクセスは?

ホテルまではマジカルエクスプレスで!

マジカルエクスプレス


スポンサードリンク

オーランド国際空港とポリネシアン・ビレッジ・リゾートの移動は、ディズニー直営ホテル宿泊者特典のマジカルエクスプレスが無料で利用できます。
私たちは行きを最初のホテルのアニマルキングダムロッジまで、帰りをグランドフロリディアンリゾートから利用しましたが、どちらも直営ホテルなので無料で利用できました。
マジカルエクスプレスの時間など、詳しくはマジカルエクスプレスを紹介した記事を参考にしてくださいね。

パークへのアクセス

WDW モノレール

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートはモノレールが停車するホテル。
先ほども書いた通り、マジックキングダムまではモノレールでアクセスすることも可能ですし、この他に小型ボートでアクセスすることもできます。
エプコットは、近くのTTC(Transportation and Ticket Center)まで行ってからモノレールに乗ると便利ですね。
その他の2パーク(アニマルキングダムとハリウッドスタジオ)まではバス移動ですが、エプコットも同様にバス移動の方が楽かも。
WDWの交通手段について詳しく紹介した記事で、図を使って説明しているので、ぜひ参考に。

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートのレストラン

キャラクターダイニング「オハナ」

有名なのはキャラクターダイニングの「オハナ(Ohana)」。
ポリネシアンという名前にぴったりのアロハのミッキーやリロ&スティッチと一緒に食事をすることができます。
人気レストランなので、予約は必須。
WDWのレストランの予約方法やキャンセルポリシーの記事もぜひ参考に。

「コナ・カフェ」

WDW ポリネシアンビレッジリゾート コナカフェ

今回、客室の予約ができなかった私たちにも気軽に利用できたレストランが、このコナ・カフェ(Kona Cafe)。
店内で食事することもできますし、隣のコナアイランドではテイクアウトもできます。
私たちは店内での朝食を利用して、コナ・カフェの詳細レポートを書いているので、ぜひそちらを参考にしてくださいね。
名物のトンガトーストがとってもおいしかったです。
朝食に利用したのですが、なかなかの混雑だったので、こちらも予約がおすすめです。

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートのショップ

モアナ・マーカンタイル

WDW ポリネシアンビレッジリゾート モアナ・マーカンタイル

WDWのキャラクターグッズを多く扱うモアナ・マーカンタイル。
WDWのグッズ紹介の記事に載せたような定番のWDWグッズがいろいろ揃っています。
ポリネシアンの雰囲気に合わせ、モアナのグッズが豊富でした。
ハワイの定番、ハワイアンホーストのマカダミアナッツチョコまで売ってましたよ。

ブティッキ

WDW ポリネシアンビレッジリゾート ブティッキ

ハワイなどの伝統的な雰囲気のグッズを扱う「ブティッキ」
キャラクター色は薄いのですが、オブジェなどもとっても雰囲気あります。
こちらにはあの有名なパイナップル型のホノルルクッキーがあり、思わず買いそうになりました笑

ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)のポリネシアン・ビレッジ・リゾートは、今回宿泊した他の2つのホテルとはまた全然違った雰囲気で、ディズニー直営ホテルはこんなにも個性豊かなのかと感心してしまいます。
私も次回があれば、このポリネシアン・ビレッジ・リゾートへの宿泊を狙ってみたいと思います!

WDWに行きたくなったら、この記事をチェック!
お得に泊まる!ウォルト・ディズニー・ワールドのホテルを安く予約する方法!

載せきれなかった写真はFacebookで公開中!
Facebookアルバム「WDW ポリネシアンビレッジリゾート」


スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-[海外]ウォルト・ディズニー・ワールド

人気ブログランキング

少しでも参考になりましたら、拍手の代わりにミッキー画像↓のクリックをお願いします。
ランキングにポイントが入ります(*'ω'*)


ディズニーリゾート ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます♪